フォト
2016年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

ホビー

2016年5月20日 (金)

ディアゴスティーニ「週刊サンダーバード2号&救助メカ」 #15 #16

15号と16号でFAB1が完成しました。
写真は左がタカラ1/144、右がディアゴスティーニです。
今までのメカはディアゴスティーニ版の方が小さくなっていましたが、FAB1は逆にディアゴスティーニ版がかなり大きくなっています。
Fab1_01
Fab1_02

参考にNゲージサイズ(1/150)のプリンス・グロリアと比較しました。
ディアゴスティーニ版はまるでHOスケール(1/87)ですね。(笑)
Fab1_03

2016年3月16日 (水)

ディアゴスティーニ「週刊サンダーバード2号&救助メカ」 #6#7

6号と7号で磁力牽引車(RECOVERY VEHICLE)1号車が完成しました。

写真は右がタカラ1/144、左がディアゴスティーニです。エレベーターカー同様、ディアゴスティーニ版の方が一回り小さくなっています。またプロポーション、ディテールにも違いがあり、特にコクピット周りの印象がかなり違います。(タカラ版磁力牽引車の白いコードはラジコン受信機のアンテナです。)
Tb_rv_001
Tb_rv_002
Tb_rv_003


2016年3月 9日 (水)

デアゴスティーニ 週刊サンダーバード2号&救助メカ #01~05

結局手を出してしまいました。
「デアゴスティーニ 週刊サンダーバード2号&救助メカ」

1~5巻が発売され、高速エレベーターカー1号車と4号が完成しました。
当初、以前発売されていたタカラの1/144フルアクション サンダーバード2号シリーズの再販かと思っていましたが、どうやら全て新規製作のようです。

そこで、タカラ版とディアゴスティーニ版を比べてみました。

画像は右がタカラで左がディアゴスティーニです。
エレベーターカーは大きさが一回り以上違います。4号はフォルム、ディテールが結構違ってます。
タカラの場合、ビークルの大きさの基準をヴィッカース・トラクターのキャタピラに合わせていたのでスケールの解釈に疑問がありましたが、ディアゴスティーニ版ではどうなるのでしょう?

(2号本体の比較についてはもう少し形になってからやってみたいと思います。)
D_tb_002 D_tb_001

D_tb_003
D_tb_004

マイリスト

  • 参考資料
  • Amazon
  • ad
  • 中古DVD
  • 中古CD
  • 古書
  • 10周年