フォト
2016年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 荒川アンダーザブリッジ×ブリッジ 3 BRIDGE×2 | トップページ | そらのおとしものf 第3話 »

2010年10月20日 (水)

おとめ妖怪ざくろ 第3話

「あんたも手伝って!」
「♪あっぱれ あっぱれ♪ 」(ノ'Д')ノ
「歌はいらない!」

今回はキャラを総角西王母桃に絞り、二人の関係だけなく人間と半妖の問題も掘り下げた良作。

「確かにそうね…人間が半妖なんかに手は出さないわよね…」
ちょっとした軽口が相手の心に深い傷を負わせてしまうことが、人間同士でもあります。
まして、相手が異質な存在なら……

「ねぇ~ざくろ…総角さんと一夜を共にしたって本当?」
「大人ですわ大人ですわ~」
総角さん広井王子確定(笑)

« 荒川アンダーザブリッジ×ブリッジ 3 BRIDGE×2 | トップページ | そらのおとしものf 第3話 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/556677/49795283

この記事へのトラックバック一覧です: おとめ妖怪ざくろ 第3話:

» ■おとめ妖怪 ざくろ 第3話「かこ、哀々と」 [ゆかねカムパニー2]
 花桐と雪洞・鬼灯は、すっかりいいパートナーになりました。  3人、本当に仲がいいですものね。  芳野葛は、予告にしか出てこなかったけれど、薄蛍とはうまくやれて [続きを読む]

» 「おとめ妖怪ざくろ」第3話「かこ、哀々と」 短感 [雑然倉庫~ふくのブログ]
前話で「妖怪-人間」関係の総括的エピソードを描き、本作のメインテーマを示した後で [続きを読む]

» 「おとめ妖怪ざくろ」第3話 [日々“是”精進!]
  第三話「かこ、哀々と」とある村の村長から「最近、村の女、子供ばかりが行方不明になる”神隠し”のような事件が続いている」という相談を持ちかけられる。それを聞いた西王母... [続きを読む]

» おとめ妖怪ざくろ#3「かこ、哀々と」感想 [おぼろ二次元日記]
半妖怪はどうやって生まれるのか。神隠しとの関係は!?「かこ、哀々と」あらすじは公式からです。とある村の村長から「最近、村の女、子供ばかりが行方不明になる”神隠し”のよう... [続きを読む]

» おとめ妖怪 ざくろ 第3話「かこ、哀々と」 [ミナモノカガミ]
神隠しと半妖。 [続きを読む]

» おとめ妖怪 ざくろ #3 [桜詩〜SAKURAUTA〜]
【かこ、哀々と】 おとめ妖怪ざくろ 2 (バーズコミックス)著者:星野 リリィ販売元:幻冬舎コミックス発売日:2008-09-24おすすめ度:クチコミを見る 毎回EDが楽しみですね(゚∀゚)  [続きを読む]

» おとめ妖怪ざくろ 第3話「かこ、哀々と」 [◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆]
神隠しの真実------------!!今回はちょっと切ないお話。でも、今回も笑いあり、萌えありで楽しませてもらいました(^^)今日は丸竜と雪洞と鬼灯は任務。仕事のないざくろは掃除の邪... [続きを読む]

» おとめ妖怪ざくろ 第三話「かこ、哀々と」 [藍麦のああなんだかなぁ]
おとめ妖怪ざくろ 第三話「かこ、哀々と」です。 サブタイトルがなかなか洒落てて素 [続きを読む]

» おとめ妖怪ざくろ #03 「かこ、哀々と」 [戯れ言ちゃんねる]
過去の因縁と動き出す影… どうも、管理人です。外が一気に寒くなってきた気がするので、風邪を引きやしないか心配です…。それでは、感想です。 ざくろ:「そんなことないわよ…」 今回は、薄蛍と利剱、鬼灯・雪洞と丸竜不在で臨む、初めての単独任務の話。丸竜たちが任務に出ていく中、一人置いてけぼりをくらったざくろ。まあ、元々は櫛松さんに何か思うところがあって、あえて仕事を回してなかったようですが、ざくろはそれが不満のようでw一方の総角はそんなことは露知らず、妖人の子供たち..... [続きを読む]

» おとめ妖怪ざくろ 第03話 「かこ、哀々と」 [バカとヲタクと妄想獣]
ざくろが面白くって仕方ありません。 これは予想外でした。 ヨペチコです。 [続きを読む]

« 荒川アンダーザブリッジ×ブリッジ 3 BRIDGE×2 | トップページ | そらのおとしものf 第3話 »

マイリスト

  • 参考資料
  • Amazon
  • ad
  • 中古DVD
  • 中古CD
  • 古書
  • 10周年